まちかど情報室(NHKニュース おはよう日本)での2018年11月12日(月)放送内容
商品①防災 もっと身近に【スタンプラリーで 疑似体験】

  • スタンプラリーで自身の“防災タイプ”を知ることができる
  • 災害状況を想像しながら、スタンプラリーで体験して学べる
  • 選んだスタンプからタイプが分かります!

シャチハタ【防災・減災スタンプラリー山間部バージョン】Xスタンパー丸型印40号(30種入り) が紹介されました。

防災・減災スタンプラリー

災害への備えと被害を低減させるための行動を自分で考え実践する力を育てる事を目指します。

小学校の体育館などの実際の避難経路にチェックポイントを設置し、スタンプラリーを行いながら、防災・減災の知識を学べる仕組みです。

チェックポイントには、設問パネル、回答パネルと回答スタンプがあり、専用台紙にスタンプを察しながら災害時の避難行動を“疑似体験”します。

実際に避難行動を疑似体験することで、災害時に役立つ「柔軟でその場に対応した判断力」を養います。またスタンプは3種に色分けされており、地震の“防災タイプ”を知ることができ、「自助」「共助」「公助」についても学ぶことができます。