まちかど情報室(NHKニュース おはよう日本)での2020年2月26日(水)放送内容
商品①めくったり はがしたり【2回めくって使える 自転車用のサドルカバー】

  • 雨に濡れても2回めくれて安心!
  • GUAPOの「2回めくえる」サドルカバー
  • サドルにかぶせるだけで自転車が生まれ変わります。

【 \2回もめくれるから安心!/ 濡れたらめくるだけ 】 雨からお尻を守る サドルカバー 自転車 防水 GUAPO [いろんな形のサドルに対応可能] が紹介されました。

GUAPOのサドルカバー

【 今までになかった「かぶせる」だけじゃなく「2回めくれる」新機能! 】 今までの自転車のサドルカバーはかぶせるだけ。でもその後、さらに雨が降ったら、またサドルが濡れてしまう。。サドルカバーをかぶせたり、外したりするのは面倒ですし、サドルがずっと濡れないようにするために「2回めくれる」サドルカバーを開発しました。                                                  
【 大切な自転車のサドルを守る 】 サドルカバーを付けていないサドルは、何年も乗っていると表面がひび割れしたり破れたりして、雨が降ったらサドルの中のクッションが水を吸収し、自転車に乗ったら、お尻が濡れるという経験をした人も多いはず。また、鳥の糞などの汚れが付着して、乗ろうと思ったら乗れないという困った状況になったこともあると思います。サドルカバーを付ければ、このようなことが起きないようサドルを守ってくれるので、大切な自転車を長く乗ることができます。                                                   
【 2回めくれるので安心! 】 GUAPOのサドルカバーでは「2回めくれる」仕様にし、一度めくって乗っていた時に、もう一度雨が降っても、「さらにもう一度めくれる」ので雨でお尻が濡れることはありません。 ?【 雨の時、何度も乗り降りする場合の使い方 】 自転車から降りる時にサドルカバーを濡れた面に戻しておけば、何回でもめくることができますので、サドルが雨に濡れることなく自転車に乗ることができます。
                                                   ,
【 対応できるサドルはいろいろ 】 ママチャリやシティサイクルなど一般的なサドル、ロードバイク用サドル、電動自転車などのテリー型サドル、キッズ用サドル、ビーチサドル、ヒップアップサドルなど、いろんな形のサドルに取り付けることができます。(当商品は一般的なサドルの形状に合わせて作っておりますので、ロードバイクなどの細長いサドルにも使えますが見栄えが良くない場合がありますので、ご理解の上、ご使用ください。)