シューレースパイプ 【靴ひも先端留めパイプ】 が紹介されました。

ほつれた靴ひもの先につけるチューブ「シューレースパイプ」

2015年10月19日(月) “熱”で便利【ほつれた靴ひもの先につけるチューブ】

シューレースパイプの長さを決めカットし、紐を通して先端から約5cm以上の位置辺りまで通してください。レースパイプの両脇から出てる紐をひっぱりながら、出来るだけ紐を細くした状態でドライヤーでやけどに注意して全体に熱を加えてパイプを収縮させてください。パイプの収縮を確認したらお好きな位置まで紐をずらしてカットし、先端から瞬間接着剤を紐に染み込むように1回から2回少量つけてください。